就活を応援するサイト ふくしまファン 2020 就活を応援するサイト ふくしまファン 2020

福島U・Iターン就職情報サイト

会員登録 LOGIN MENU
無料会員登録しよう!

会いたい先輩に追加しました。
改めて、企業担当者からご連絡させていただきます。

会いたい先輩から削除しますか?

Company Info.企業情報

株式会社アサカ理研(JASDAQ上場)

トップへ戻る

株式会社アサカ理研(JASDAQ上場)

株式会社アサカ理研(JASDAQ上場)アサカリケン

採用学歴:
  • 大学院
  • 大学
  • 高専
業種
商社
本社所在地
福島県郡山市田村町金屋字マセロ47番地 地図

企業情報

循環型社会の実現に寄与。創業50周年に向けて、新たな事業にチャレンジしています!

当社は、昭和44年に郡山市で産声を上げました。
まだ「リサイクル」という言葉もなかった時代に、当時急成長していた電子回路基板の業界で使用される、エッチング液(塩化第二鉄液)の廃液を再生する事業に着手。
その後、電子部品等からの金の回収再生、さらには電子部品の製造装置の内部部品に付着した貴金属汚れの洗浄回収と、新たな事業へのチャレンジを続けて、業容を拡大してまいりました。
まもなく迎える創業50周年、さらには次の50年に向け、当社は新たな事業の開発に取り組んでいます。これまで培ってきたリサイクル技術をベースに、電子部品デバイス業界を中心とした当社のお客様に対し、製品の材料や、競争力に繋がる新たなサービスを提供するべく、技術開発に取り組んでいます。
私たちのチャレンジに終わりはありません。創業から脈々と続くベンチャースピリットを胸に、更なる飛躍を目指しています。

設立 1969年
資本金 5億429万円
代表者名 代表取締役社長   山田 慶太
売上高 87億6500万円(2017年9月実績)
従業員数 全体183人 (2018年9月実績)
平均年齢 40.9歳
事業内容 当社は、貴金属事業、環境事業を柱に、資源の有効活用や地球環境の保全に貢献するエコビジネスを展開しております。
貴金属事業では、電子部品の製造工程で発生する不良品や廃棄品に含まれる貴金属を化学的な手法を用いて回収・精製し再資源化しています。
環境事業では、創業からの事業である塩化第二鉄液の再生事業のほか、太陽光発電の効率向上などに役立つ光触媒といった機能性材料の製造・販売を行っています。
事業所 本社および本社工場
富久山工場
いわき工場
大阪営業所
九州営業所
台湾支店
グループ会社・関連会社 アサカ弘運株式会社
ASAKARIKEN(M)SDN.BHD
株式会社ASAKA SOLAR
沿 革 1969年8月
福島県郡山市田村町に、塩化第二鉄液製造、プリント基板屑及びエッチング廃液からの銅粉回収を目的としてアサカ理研工業株式会社を設立
1971年10月
金の回収技術を開発し、プリント基板からの貴金属回収事業を開始
1979年8月
運輸部門を分離独立し、フクシマ弘運株式会社を設立
1992年3月
福島県郡山市富久山町に富久山工場設置
1995年11月
洗浄(水晶振動子及び防着板・マスクの洗浄事業、精密電子部品洗浄)分野への事業展開開始
1999年3月
西日本地区への販路拡大のため、大阪営業所(大阪市淀川区)を設置
2001年7月
九州地区への販路拡大のため、九州営業所(北九州市八幡西区)を設置
2003年8月
海外への販路拡大のため、台湾高雄市に台湾支店を設置
2005年4月
事業部名称を変更し、貴金属事業部、環境事業部、システム事業部の3事業部制となる
2005年11月
経営の効率化、品質及び生産効率向上のため、ISO9001:2000認証取得
2006年11月
福島県郡山市田村町に独立した本社事務所を設置し管理部門を集約
2007年10月
株式会社アサカ理研に商号変更
2008年11月
ジャスダック証券取引所に株式を上場
2010年4月
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場
2014年4月
マレーシア 「TWINKLE METAL社」の株式取得(子会社化)
2014年8月
福島県いわき市にいわき工場を竣工
2016年2月
合弁会社「株式会社ASAKA SOLAR」設立
2017年4月
紛争鉱物を使用しないタンタル精練所としていわき工場がCFS認証取得
月平均所定外労働時間
(前年度実績)
21.8時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数
(前年度実績)
11.1日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数(男女別) 男性:0人 女性:0人
前年度の育児休業取得者数(男女別) 男性:0人 女性:0人
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%
  • 個を活かす企業

    成長を続ける個人と、チームとしての力が、イノベーションを生み出します。

    新しいことに挑戦するには、新しい知識が不可欠です。現状に満足せず、成長意欲、向上心を持った個人が、組織の原動力です。
    しかし、組織は、単なる個人の集合体ではありません。組織は、「共通の目的」を持ち、その達成に「貢献する意欲」を持った個人が集まることで生まれます。さらに、目的を確認し、励まし合い、助け合う、「コミュニケーション」によってはじめて、組織がその力を発揮できるのです。
    成長を続ける強い個が、チームとして力を発揮し、イノベーションを生み出す。アサカ理研はそんな組織を目指しています。

  • 私たちの使命

    希少な資源の活用は、地球に生きる者すべてにとっての重要なテーマです。

    例えば金。人類が金を活用し始めたのは紀元前6世紀にまで遡ると言われています。その輝きや、物質としての安定性によって、古くからその価値が認められ、通貨や宝飾品として、長い間人類とともに存在してきました。
    そのような長い歴史にもかかわらず、現在地球上に存在している金の量は約18万トンとされ、これはオリンピックプール3杯程度でしかありません。
    金に限らず、鉱物資源を採掘し、精製することによる環境への影響は大きく、既に地上にあるものを有効に活用していくことの重要性は、ますます高まっていくと思われます。同時に、当社が果たすべき役割も非常に重要なものになっていきます。

採用データ

採用職種 【技術総合部門】
 技術営業、研究開発、生産技術、分析、生産管理、システム設計/開発

【経営管理部門】
 経営企画、財務経理、総務法務、人事、営業/製造事務
仕事内容 ・技術部門
 希少金属の材料資源の供給できるような技術を開発し、製造するお仕事です。
・営業部門
 主にメーカーのお客様に材料供給のための技術提案やマーケティングに携わっていただきます。
・企画管理部門
 事務部門(経営企画・総務・財務経理・事業部スタッフなど)として、会社の攻守に携わっていただきます。
基本給 大学院卒 月給19万8500円 ~ (+ 諸手当)
大卒 月給18万7700円 ~ (+ 諸手当)
短大、高専、専修学校、能開卒 月給16万7500円 ~ (+ 諸手当)
※短大、専修学校、能開は2年制を想定

モデル月給例 例:(大学卒-管理部門)
基本給:187,700円、住宅手当:10,000円  合計:197,700円
諸手当 残業手当 みなし手当 営業手当 通勤手当 家族手当 住宅手当
昇 給 年1回
賞 与 年2 【6月・12月】
勤務地 本社・工場/福島県郡山市田村町金屋字マセロ47
勤務時間 8:30〜17:30(休憩60分)
休日・休暇 年間休日114日(2017年度)

週休2日制/土日
GW
夏季
年末年始
パーソナルホリデー(年間休日のうち年2回、自分の好きな日に休めます)
有給休暇
慶弔
福利厚生 財形貯蓄
同好会制度
慶弔見舞金
保養所   (温泉施設宿泊割引)
人間ドック制度 (社内区分、35歳以上対象)
持家促進の利子補給(月3万3500円まで)
インフルエンザ予防接種補助 
スポーツジム団体契約
研修制度 あり:新入社員研修
階層別研修
全社基礎研修
自己啓発支援制度 あり:外国語会話学校への通学補助
メンター制度 なし
キャリアコンサルティング制度 なし
社内検定制度 あり:作業資格認定

応募と選考

選考方法
採用プロセス 書類選考、SPI選考、一次選考、最終選考を経て、内々定となります
採用学歴 大学院 大学 高専 
採用学歴学部学科コース 大学院 大学 高専 
文系・理系問わず全学部・全学科対象
応募方法 ふくしまファンよりエントリーお願いします。
応募書類 エントリー後、必要(応募)書類等の連絡をさせていただきます。
採用予定数 2017年 12名
2016年  4名
2015年  6名
採用実績校 国公私立大学、大学院
過去3年間の新卒採用者数 2016年度 4人
2015年度 6人
2014年度 3人
過去3年間の離職者数 2016年度 0人
2015年度 2人
2014年度 0人
過去3年間の新卒採用者数(男女別)      男性 女性
2017年度 7人 5人
2016年度 4人 0人
2015年度 4人 2人
平均勤続年数 12.1年(2017年9月30日時点)
求める人物像・選考基準 <アサカ理研の求める人材像>
これまでの専門知識と新しい知識を融合することで、新しい発想が生まれるものだと考えています。
弊社では、次のような人材を探しています。

・既存概念にとらわれることなく、新たな価値観の創造に挑戦できる人材
・新しい知識を得るため学習し、成長意欲旺盛な人材
・自ら考え、自ら行動できる人材

そして一番大切なものは
・自分の力で会社を成長させたい!という気持ちです。

そんな想いを是非とも真正面からぶつけて来てください。

お問い合わせ

お問い合わせ・
連絡先
株式会社アサカ理研
〒963-0725   福島県 郡山市 田村町金屋マセロ47番地
TEL:024-944-4744   recruit@asaka.co.jp
担当 総務部/菅沼 堅
最寄り駅 安積永盛駅

会社地図

  • 現住所
  • 休暇中の住所
(!)問題が発生した為、
ルートマップ機能は利用できません。
pagetop